卒業生の声

TOP卒業生の声 > 瀬戶 敦史

瀬戶 敦史

KBBでの活動を振り返って

KBB最中は、学んだ知識やビジネスノウハウを生かしきれていたと思います。なぜなら、自分が持っているリソースを生かして、ビジネスを生み出せたからです。具体的には、3回生の春から現在まで約1年間、祖母所有の不動産を民泊運用しています。運用当初はなかなか収益が上がらなかったものの、様々な試行錯誤のすえに、現在は 20 万円のストック収益を生み出せるようになりました。結果を出すまで、頑張れた理由は2つありまして、自分のなりたい姿に近づくためと祖母を助けたいという気持ちがあったからです1つめの理由に挙げました、自分のなりたい姿というのは、20代から経営者として活躍していくということです。そのためには、できる限り、早い段階からビジネスをするという経験を積む必要があるため、この民泊ビジネスとKBB の活動に力を入れました。また、継続してこのビジネスに取り組めたのは、自分が真剣に向き合った分だけ、経験やお金として返ってきました。もっと、もっと、頑張ることで、同世代の誰よりも圧倒的な成長を遂げられるんじゃないかという事もモチベーションの源泉でした。2つめの頑張れた理由は、自分の祖母のためです。祖母は、現在僕が民泊運用している不動産を賃貸物件として運用していたのですが、3年間借り手がおらず、大変困っていました。1番身近にいる親族である自分だからこそ、なんとかして、そういう困ってる状況を助けることが出来れば良いなと何度も思っていました。そんなある時、民泊運用を知り、実際に挑戦することで、十分な収益が出ました。祖母も大変喜んで下さって、自分自身もその顔を見て嬉しかったのが頑張れたもう一つの理由です。



これからの目標とは

新しいサービスをローンチ予定なのですが、そのサービスから、国内での就職を望む外国人留学生の就職率を上げることです。せっかく日本で働くことに興味もってくれた留学生が毎年こぞって職業機会を得ずに帰ってしまっています。現在は、弊社を通してらそれらを解決するソリューションを作り上げるというところに燃えております。これからも自分の大好きな留学生たちにとって、役に立つお仕事が出来るように日々努力をしていきます。



KBBへ挑戦される方へ

KBBで過ごす半年間は、常に自分の限界値を超え続けなければならない苦しい時間です。ですが、経営力,ビジネス力はもちろん一生涯の仲間が出来たり、プレゼンテーション力が飛躍的に向上したりと、自分が追求する分だけいくらでも学べます!自分にとって、KBBは大学生活の集大成として参加する価値は、十二分にありました!!悩んでいるのなら、ぜひ参加してみてください^_^