卒業生の声

TOP卒業生の声 > 橋本 雅之

橋本 雅之

KBBでの活動を振り返って

KBBでの半年間の活動を終えて感じることは、最終的に自分のビジネスを実現するための、道具と知識を与えてもらえたということです。KBBでの活動は実践し、実際にフィードバックがもらえて成長でき、どこが不足しているのかがわかります。半年間は課題が課され、学業と並行して行うのは非常に苦しい時もありました。厳しいことも多く、実際に様々な理由で離脱していく仲間もいました。しかし、乗り越えたからこそ得られる、何物にも代え難い達成感があります。KBBでは本当に素晴らしい出会いと経験をさせて頂きました。



これからの目標とは

KBBの活動を通して会社を設立しました。今後はKBBでの学びを活かして、会社を軌道に乗せ、成長した姿を皆さんの前で披露することが目標です。



KBBへ挑戦される方へ

一番伝えたい事は、「とにかくやってみる!」ということです。私は現在、獣医学部の学生です。既に起業している仲間が多い8期生の中でも、ビジネスとは縁遠い存在。何もわからない状態でした。これまでの私は、やりたい事は漠然とあっても、具体的に突き詰めて考えることがありませんでした。「結局、自分は何がしたいのか?」私にとってこの半年間は、自分と向き合う充実した半年間でした。ビジネスを実現するうえで必要なことは、KBBのミッションステートメントそのものです。これを体得して、さらにどう自分流にアレンジしていくか。他者の意見も聞きながら、自分の考えを客観的に見つめ、突き詰めることが一番大事だと思います。KBBにはそれを実現できる環境があり、仲間がいます。先輩方の温かくも厳しいご指導で、自分のビジネスプランをブラッシュアップできます。良いところは良いとはっきり伝えてもらえることで、自信が生まれます。KBBには、そんな今後の人生の糧になる様な出会いや繋がりがあります。これを読んでチャレンジするのも、尻込みしてやめるのも、自分次第です。「とにかくやってみる!」是非皆さんには、自分を信じて挑戦してほしいと思います。