ビジネススクールとビジネスコンテストを融合させた
国内TOPクラスの学生起業家輩出プロジェクト

News & Topics

2016年10月1日 KBB Next 8期生の募集を開始しました。応募の詳細は こちら
2016年1月16日 16組17名がKBB7期生としてFirst Presentationに参加しました。詳しくは こちら

もっと見る

2015年10月27日 KBB7期生の応募受付を開始しました。詳しくは こちら
2015年10月24日 KBBインキュベーションセンターのお披露目会が開催されました。詳しくは こちら
2015年5月25日 KBB6期生のFinal Presentationにて受賞者が決定しました。詳しくは こちら
2014年11月1日 KBB卒業生が集う同窓会が開催されました。詳しくは こちら
2014年5月11日 KBB5期生のFinal Presentationにて受賞者が決定しました。詳しくは こちら
2013年5月12日 KBB4期生のFinal Presentationにて最優秀賞の受賞者が決定しました。詳しくは こちら
2012年11月16日 KBBの活動がTVで放映されました。
2011年12月6日 KBBの活動のインタビューが公開されました。

KBB Nextとは?


ビジネススクールと
ビジネスコンテストを
融合させた国内TOPクラスの
学生起業家輩出プロジェクト

KBB Nextは、ビジネススクールとビジネスコンテストを融合させた国内TOPクラスの学生起業家輩出プロジェクトです。

一回限りのプレゼンテーションだけで出資を判断することはせず、約半年で、特別講師による講義を受けながらビジネスプランをブラッシュアップすることができます。また、勉強会を重ねていくことで、ビジネスパーソンとしての必須スキルを習得します。

さらに、優れたビジネスプランには創業資金として必要な金額(※)を出資。ビジネスで世界を変えたい方、実現したい大きな夢や目標がある方、KBB Nextが全力でサポートします。

※事業計画、収支計画などを基に出資金額を決定します。

KBB Nextの魅力





ビジネスの成功に必要となる
資金を獲得するチャンスがある

プログラムへの
参加費用はすべて無料

自分のビジネスプランに対する
具体的なアドバイスをもらえる

グローバルなビジネス展開への
チャンスが得られる

卒業生とのネットワークや
起業を志す仲間が全国にできる

諸条件をみたすことで
都内のKBBインキュベーションセンター
も利用可能

主な輩出起業家

コンテンツ

KBB Nextでは、半年間にわたり2回のプレゼンテーションと、4回の勉強会を行い、確実にビジネススキルを磨いていきます。

これらのコンテンツの開催場所はすべて東京で、遠隔地の方は新幹線・特急券代を事務局が負担いたします。

さらにプレゼンテーション前のフォローアップや、ネットワークを広げるための懇親会など数々のコンテンツを用意しています。




メインプログラム



First Presentation

最大20組によるプレゼンテーション(約10分)と質疑応答(約5分)を行い、自分のビジネスプランへのフィードバックを行います。事前にプレ勉強会を行いビジネスプランについてのサポートも行います。

勉強会Vol.1〜3

豪華ゲストを招き、アントルプレナーシップからフィジビリティスタディ、資本政策など、起業に不可欠なスキルを学んでいきます。講義を受けるだけではなく、レポートなどの課題も課されるので、確実に実力をつけていきます。

インキュベートマラソン

Final Presentationに向けて、KBB Next 8期生と同数の卒業生メンターが参加し、マンツーマンでのメンタリングを実施する、1日間の集中講座です。

Final Presentation

KBB Nextで学んだことの集大成としてのプレゼンテーションを行います。特別ゲスト審査員として現在シンガポールにて活躍中のエンジェル事業家である加藤順彦ポール氏とシリコンバレーを中心に投資と事業開発を行う鈴木陽三氏の招聘が決定しております。

特別ゲスト審査員

加藤 順彦 ポール 氏

1967年生まれ。大阪府豊中市出身。関西学院大学在学中に(株)リョーマ、(株)ダイヤルキューネットワークの設立に参画。(株)徳間インテリジェンスネットワークを経て1992年、有限会社日広(現GMO NIKKO株式会社)を創業。2008年、NIKKOのGMOインターネットグループ傘下入りに伴い退任しシンガポールへ移住。2010年、シンガポール永住権取得。2015年、マレーシアMM2H(長期滞在)ビザ取得。

移住前は個人エンジェルとして、日本国内30社超のスタートアップの第三者割当増資 に応じるとともにハンズオン支援してきた(うち8社はその後上場)。 現在はシンガポールにて日本人の起こす企業の資本と経営に参画している。

主な参画先は、家具製造のKAMARQ、シェアハウス運営のSanctuary Asia、ビットコイン事業のビットバンク、ASEANでの採用ソリューションSMS24/7、通販物流受託のS-PAL等。著書に『シンガポールと香港のことがマンガで3時間でわかる本』(明日香出版社)『講演録 若者よ、アジアのウミガメとなれ』(ゴマブックス)等。

鈴木 陽三 氏

三菱商事にて10年間勤務した後、米国でテクノロジーベンチャーが急成長するダイナミズムに魅せられて渡米。米国のCEOと一緒に、日本に進出させる案件を数多く支援してきている。廉価に動画広告を制作できるShakrとYahoo! Japanとの提携、AdTech系Aarkiの日本進出などを支援しており、直近ではタブレットPOSレジ系技術ベンチャーの日本進出を計画中。

DeNAの米国進出参加を機にシリコンバレーに移り、2013年にSV Froitierを創立。シリコンバレーを中心に投資と事業開発を行い、投資先がGoogleに買収されるなどの実績を出している。早稲田大学出身、米国イェール大学MBA

卒業生の声

応募方法



12月3日(土) AM 9:00までに、
指定の内容・形式 でご自身の事業計画書を提出してください。
※期限を過ぎたものはいかなる理由があっても無効となります。

お問い合わせ・応募


お問い合わせ/説明会の予約/KBB Nextへの応募は、
こちらから行ってください。

※KBB Nextへの応募は企画書を添付のうえ
メールで受け付けております。



- 電話 -

0120-577-626

【受付時間】 10:00-19:00 [月-金]



- メール -

8th@k-bb.net



- フォーム -